スポーツの怪我

テニスで怪我をされた方|鹿児島スポーツ外傷なら鴨池鹿大前整骨院

こんなお悩みはありませんか?
  • 痛みがありラケットを持つのがつらい
  • テニス中に怪我をしてしまった
  • テニスをすると肩や肘、手首が痛む
  • サーブをすると肩や肘に痛みがある
  • フォアハンド、バックハンドなど特定のストロークが痛くて練習に集中できない
  • 練習中に足首をひねってしまった
  • 試合が近いので早く練習に復帰したい
  • 痛みの原因が分からなくて不安
  • 後遺症がないように改善させてほしい

テニスは老若男女問わず誰でも楽しめるスポーツで、学校の部活動や社会人サークルなどでもとても人気のスポーツです。

また、テニスはランニングや水泳を抑えて「健康に良いスポーツ」と言われています。

そんな手軽に出来るテニスですが、準備運動や体のケアを怠ったり無理な打ち方を繰り返していると怪我につながってしまいます。

テニスは、ボールをラケットで打つという動作を繰り返し行うスポーツなので上半身では特に腕周辺の怪我が多くなります。

他にも、無理な動きやステップを繰り返すことで膝や足首に痛みが出ることもあります。

テニスで怪我をしたという方は、「何が原因で怪我をしたか?」「痛みがありながらも練習を続けたいが気を付けることはないのか?」「痛みがある部分が今どんな状態なのか?」「痛みを改善するために自分で出来ることはないのか?」といろいろと気になることが多いかと思います。

鹿大前整骨院では、こういったお悩みを一緒に解決していきます。

院長自身もスポーツを日々しているので、スポーツ競技者の痛みに対する不安や練習をしたい気持ちは痛いほど分かります。そんなテニスプレイヤーのサポートと怪我のお悩みを解決にお役立て出来れば幸いです。

スポーツにケガはつきものです。ただほっておくのではなく早めに施術をして早期回復を目指すことが怪我を長引かせないコツです。

テニスで起こしやすい怪我

テニスをやっている人が起こしやすい怪我があります。

  • 足首の捻挫
  • 肉離れ
  • テニス肘

特にこの3つはテニス競技者に多い怪我です。

この他にも、肩や膝などあらゆるところを怪我してしまう可能性があります。

足首の捻挫

足首の捻挫は全スポーツの中で最も多い怪我です。

テニスで足首を怪我をするときは、無理な体制からボールを追いに行ったりバランスを崩したときに起こしやすいです。

重症な捻挫ほど、腫れが強く出たり皮下出血が出たりします。

受傷すると痛みで歩けなくなることがあります。しばらく痛みが引かない場合には、骨折を伴っていることや靭帯が切れてしまっている可能性も考えられます。

足首の捻挫は特にクセになりやすいです。

肉離れ

テニスで起こる肉離れをテニスレッグとも言います。

練習前の準備運動不足や寝不足、疲労の蓄積、体調不良の時に起こしやすいです。

肉離れは外観からは怪我をしているかどうかが分かりずらく、怪我をしていないように見えても筋肉の深い部分を損傷している可能性があります。

筋肉を引っ張るようなストレッチをした時や、筋肉を押したときに痛みが出るなら筋肉の深い部分を痛めています。

痛みは鋭い痛みというより、鈍い痛みを感じることが多いです。

深い部分の損傷は痛みが強くなってからでは、回復が遅くなってしまいますので少しでも違和感を感じたら整骨院を受診するようにしましょう。

テニス肘

テニスプレイヤーに最も多い怪我がテニス肘です。

テニス肘になると、痛みで通常のプレイが出来なくなります。

テニス肘については次の項目で詳しくみていきましょう。

一番怪我をしやすい!?”テニス肘”とは?

テニス肘は週3日以上テニスをする人に多く見られる肘の怪我です。

肘関節の過度な使用や、腕が伸び切った状態で負荷がかかる状態が続けられた時に怪我をすることが多いです。

テニス肘かどうかは、腕をねじったり手首を反らしたときに痛みが出るかどうかで判断をすることが出来ます。この時に痛みが出ればテニス肘の可能性が高いです。

また、ストローク時だけ痛みが出るならテニス肘の初期段階です。この状態で練習を続けていると段々と悪化していきます。

痛みを無理せず整骨院を受診して早めの施術をスタートさせましょう。

テニス肘の原因について

テニス肘の発生原因

  • ラケットのスウィートポットを外したときの衝撃
  • 不適切なガットの使用(ガットを貼る強さ、種類)
  • 不適切なフォーム(打点・動かし方)
  • 相手とのレベル差(パワー不足)
  • ボールが濡れている・壊れている状態での練習

テニス肘というのは、ニックネームのようなもので本当の名前は”外側上顆炎”といいます。

肘の外側から手首にくっついている筋肉に継続的かつ過度なストレスが加わることで、肘の外側に炎症や痛みが生じます。

肘の内側が痛むタイプのテニス肘も存在するので、一概に外側が痛むものがテニス肘とは言い切れません。

フォアハンドストロークよりもバックハンドストローク時に強い痛みを感じることが多いです。

最初は些細な痛みでも、症状がひどくなると

  • ドアノブを捻るのが痛い
  • フライパンが持てなくなる
  • コップなど軽いものを持つだけで痛い
  • パソコンのタイピングで痛みが出る

このような日常生活でも痛みが出てきます。

テニス肘になってしまったら?

肘に”痛み”や”違和感”を感じたらすぐに整骨院に受診をしましょう。

痛みがどれだけ軽度であっても「これくらい問題ない」と思って練習を続けてしまうのが症状を悪化させてしまう一番の要因です。

正しい方法かつ早い段階で施術を開始させることが回復への近道です。

また、中途半端にほっておくといつまでも症状が回復しなかったりすぐに再発してしまうリスクが高くなります。何度も同じ場所を怪我してしまうと怪我のクセがついてしまうので注意が必要です。

痛みが治まってきたら徐々にストレッチを開始してリハビリしながらテニスを再開させていきましょう。

テニス肘にならないためにはどうしたらいいの?

怪我をしないことが一番ですが、テニス肘を起こさないための方法を知っておくと安心してテニスを楽しむことが出来ます。

その方法は、

  • 準備運動やストレッチ
  • 練習後のアイシング
  • ガットのテンションを下げる
  • ガットの種類を変える
  • 正しいフォーム・動作を身につける

「なぜ痛くなったのか?」「どうして痛くなったのか?」

こういったことを鹿大前整骨院では適切に評価して、あなたにとって最善の施術をしていきます。

痛みに悩んでいる方が痛みと無縁になるように、テニスを安心して楽しんでもらえるようにサポートをしていきます。

おわりに|鹿児島スポーツ外傷なら鴨池の鹿大前整骨院

テニスをするうえで特徴的な怪我について話していきました。

これらの症状はすべて鹿大前整骨院で施術可能です。

テニスを楽しんだり試合で良い結果を残すためにはプレイヤーのコンディションが非常に大切になってきます。

怪我の改善とリハビリで一緒に怪我の回復を目指しましょう。テニスの怪我でお困りの方はスポーツ外傷に特化している鹿大前整骨院に是非ご来院ください。

施術までの流れ

1.受付

鹿大前整骨院をお選びいただきましてありがとうございます。

まずは問診票にご記入をお願いします。お悩みの症状などご記入ください。

保険適応の場合は健康保険証をお預かりします。

2.問診・検査

ご記入いただいた問診票をもとに現在の症状やお悩みを詳しくお伺いします。

その後、検査を行い痛みの原因をお調べいたします。

 

一言に「痛い」といっても症状や原因は人それぞれです。当院の用いる手技、療法から最適な施術をご案内させていただきます。

3.施術

問診・検査の結果を踏まえて患者様の症状に合わせた施術を行います。

施術時間の目安は以下の通りです。

  • 初回40分程度
  • 2回目以降30分程度

5.ご説明

施術後の身体の状態についてご説明します。

また、施術期間の目安ご自宅でのケア方法などもお伝えいたします。

 

6.お会計&次回予約

お会計をしていただき本日の施術は終了です。

鹿大前整骨院では施術後のアフターケアを念入りにしています。
お会計時に次回のご予約をしていただきます。
再発をしないよう根本改善を一緒に目指しましょう。

アクセス

住所

鹿児島県鹿児島市鴨池1丁目41-3くすのき館01-A号室

鹿児島大学教育学部附属小学校の目の前にあります。

駐車場は店舗前に2台完備しています。

電話番号

099-297-5560

受付時間

定休日:日曜・木曜午後

※土曜日は18時受付終了です。

予約優先で施術を行いますのでご来院の際にはご予約をしていただくと待ち時間が少なく施術を受けれます。

他の記事はこちらから!