スポーツの怪我

ラグビーで怪我をされた方|鹿児島スポーツ外傷なら鴨池鹿大前整骨院

こんなお悩みはありませんか?
  • 練習中に肩が抜けてしまった
  • 太ももに相手の膝がぶつかり歩けないほど痛い
  • 試合で足や膝を怪我してしまった
  • 練習が終わったら指が腫れていた
  • 骨折をしたかもと不安だ
  • 怪我をした後の腫れがいつまでたっても引かない
  • 試合が近いので早く練習に復帰したい
  • 痛みの原因が分からなくて不安

ラグビーは他のスポーツに比べて圧倒的に怪我の多いスポーツです。

その怪我の種類は膝、足、太もも、手、肩など全身に及びます。

ラグビーはボールを持っている人にだけタックルが許されているのでそれも怪我が多いことに影響されていると思います。

また、ラグビーは他の球技と比べてはるかに接触プレーが多いため怪我のリスクは高くなります。

怪我をしない、体に痛みがないということはラグビーで勝つための選手の基本であり理想ですが、やはり難しい部分が多いです。

勝つために日々トレーニングで体を鍛えていても、実際に体に痛みがない選手は本当に少ないものです。

ラグビーは怪我の回数も多いですが、大きな怪我にもなりやすいので特に身体のメンテナンスは重要になります。

ラグビーで怪我をしたという方は「痛みがありながらも練習を続けたいが気を付けることはないのか?」「痛みがある部分が今どんな状態なのか?」「痛みを改善するために自分で出来ることはないのか?」といろいろと気になることが多いかと思います。

鹿大前整骨院では、こういったお悩みを一緒に解決していきます。

院長自身もスポーツを日々しているので、スポーツ競技者の痛みに対する不安や練習をしたい気持ちは痛いほど分かります。そんなラグビー選手のサポートと怪我のお悩みを解決にお役立て出来れば幸いです。

スポーツにケガはつきものです。ただほっておくのではなく早めに施術をして早期回復を目指すことが怪我を長引かせないコツです。

ラグビーで起こしやすい怪我

ラグビーをやっている人が起こしやすい怪我があります。

  • 膝靭帯損傷
  • 大腿打撲
  • 肋骨骨折
  • 肩関節脱臼
  • 鎖骨骨折

ラグビーは上半身から下半身まで幅広く怪我をします。ラグビーの怪我はかなりの種類があるため、これ以外にも手指、腰、首、肘、足など様々です。

その中でも発生率の高い怪我について説明をしていきます。

膝靭帯損傷

ラグビーでは頻繁に膝の靭帯損傷が起きます。

膝には靭帯がたくさんついているのですが、その中でもラグビー選手に多い怪我は前十字靭帯という靭帯の損傷です。

怪我のレベルは、部分的に損傷するものから完全に靭帯が切れてしまう重症なものまであります。

筋トレをすれば前十字靭帯を防げると思っている人が多くいますが、前十字靭帯の損傷は筋トレで防ぐことはできません。

ラグビー選手は一般の人より太ももの筋肉が発達しています。それでも靭帯損傷をしてしまいます。

ラグビーでは全ての動作、スクラム、モール、ジャッカル、タックル、ステップ、ランどれも股関節中心で動くことが求めらえます。

また、前十字靭帯損傷はストップ動作が不十分で逆方向に膝に体重をかかることで断裂します。

股関節を上手に使えればストップ動作がスムーズにでき前十字靭帯損傷のリスクは下げることが出来ます。

前十字靭帯の予防リハビリなら筋トレではなく股関節の柔軟性を高めるトレーニングをしましょう。そうすることで、怪我からの復帰や怪我を未然に防げます。

大腿打撲(だいたいだぼく)

大腿とは”太もも”のことです。

ラグビーは接触プレーが多いスポーツで相手との衝突は避けられません。時には選手の膝が自分の太ももにぶつかることもあります。

また、膝が当たらずとも相手選手の激しいタックルでも怪我をします。

受傷してすぐは足を引きずったり、選手交代が必要になることもあります。

軽度なら試合続行も出来ますが、明らかにおかしい痛みの時は無理をしないですぐに冷やすようにしましょう。

肋軟骨骨折(ろくなんこつこっせつ)

意外と怪我をしている本人でも気づかないのが肋軟骨骨折です。

肋軟骨とは、胸あたりにある骨のことを言います。

何故、本人が気づかないかというと”自分がまさか骨折をしてると思わない”からです。

骨折というとズキズキ耐えられないくらいの痛みを想像するかと思いますが、肋軟骨骨折に限ってはそうとも言えません。

肋軟骨骨折は鈍い痛みだったり動いたときだけ痛くなることがあります。

また、特徴としては

  • 笑うと痛みが増す
  • 深呼吸をすると痛い
  • 背中を丸めると痛みが楽になる

などといった特徴があります。この状態で練習を続けると確実に悪化しますので必ず専門家に診てもらうようにしましょう。

肩関節脱臼

ラグビーは脱臼も非常に多くあります。

また、人によってはクセになってる人も多いです。

脱臼を”初めてした”という人は一番初めの脱臼時に適切な処置を受けなければ関節がゆるくなりクセになる可能性が高くなります。

肩の関節が元に戻っても、すぐに練習を始めるとすぐにまた脱臼をしてしまうのでなってしたら必ず練習を休むようにしましょう。休まず練習を継続すると脱臼しやすい体質になってしまうので注意が必要です。

鹿大前整骨院では脱臼整復経験豊富な院長がいるので安心して受診ください。

鎖骨骨折

鎖骨骨折は全骨折の中でも10%~15%を占める発生率の高い骨折です。

ラグビーは接触プレーが多いため鎖骨を骨折することもあります。

鎖骨骨折をしたらまず、腕を上げることが出来なくなります。痛みもとても強いので試合継続はできません。

時間がたつと腫れも大きくなるので、時間が経ってから骨折だと自分で気づく人もいます。

鎖骨骨折になったら運転などはできませんので、家族や友人に送ってもらい整骨院や病院を受診しましょう。

怪我をしたらどうしたらいいの?

もしもラグビーで怪我をしたらどうしたらいいの

ラグビーの怪我は大きな怪我が多いので初期の怪我の対応が非常に重要になってきます。

特に怪我直後に覚えていてほしいのが

  • 安静にする(練習、試合を休む)
  • 痛いところを冷やす

この2点を必ずしてください。怪我をしてすぐに無理をすると悪化したり治りが悪くなったりします。

早く練習や試合に復帰するためにも無理はしないようにしましょう。

「なぜ痛くなったのか?」「どうして痛くなったのか?」

こういったことを鴨池にある鹿大前整骨院では適切に評価して、あなたにとって最善の施術をしていきます。

痛みに悩んでいる方が痛みと無縁になるように、ラグビーを安心して楽しんでもらえるようにサポートをしていきます。

おわりに|鹿児島スポーツ外傷なら鴨池の鹿大前整骨院

ラグビーをするうえで特徴的な怪我について話していきました。

これらの症状はすべて鹿大前整骨院で施術可能です。

ラグビーを楽しんだり試合で良い結果を残すためにはプレイヤーのコンディションが非常に大切になってきます。

怪我の改善とリハビリで一緒に怪我の回復を目指しましょう。ラグビーの怪我でお困りの方はスポーツ外傷に特化している鹿大前整骨院に是非ご来院ください。

施術までの流れ

1.受付

鹿大前整骨院をお選びいただきましてありがとうございます。

まずは問診票にご記入をお願いします。お悩みの症状などご記入ください。

保険適応の場合は健康保険証をお預かりします。

2.問診・検査

ご記入いただいた問診票をもとに現在の症状やお悩みを詳しくお伺いします。

その後、検査を行い痛みの原因をお調べいたします。

 

一言に「痛い」といっても症状や原因は人それぞれです。当院の用いる手技、療法から最適な施術をご案内させていただきます。

3.施術

問診・検査の結果を踏まえて患者様の症状に合わせた施術を行います。

施術時間の目安は以下の通りです。

  • 初回40分程度
  • 2回目以降30分程度

5.ご説明

施術後の身体の状態についてご説明します。

また、施術期間の目安ご自宅でのケア方法などもお伝えいたします。

 

6.お会計&次回予約

お会計をしていただき本日の施術は終了です。

鹿大前整骨院では施術後のアフターケアを念入りにしています。
お会計時に次回のご予約をしていただきます。
再発をしないよう根本改善を一緒に目指しましょう。

アクセス

住所

鹿児島県鹿児島市鴨池1丁目41-3くすのき館01-A号室

鹿児島大学教育学部附属小学校の目の前にあります。

駐車場は店舗前に2台完備しています。

電話番号

099-297-5560

受付時間

定休日:日曜・木曜午後

※土曜日は18時受付終了です。

予約優先で施術を行いますのでご来院の際にはご予約をしていただくと待ち時間が少なく施術を受けれます。

他の記事はこちらから!