肩/首の痛み

四十肩、五十肩ってどんな病気?

こんなお悩みはありませんか?
  • 肩を動かすと痛みが出る
  • 手を後ろに回せない
  • 腕が上がらない
  • 髪を後ろで束ねることが出来ない
  • 洋服を着替えるときに肩が痛む

五十肩は痛みや動かしずらくなるといった症状が出る関節痛の一種です。年齢を重ねると肩の関節がスムーズに動かしずらくなったり痛みが生じることがあります。

四十肩・五十肩とはその名の通り40代、50代に多いためにその名がついています。

四十肩・五十肩は加齢によるものが多く、特徴として腕をずっと挙げていられないことや腕を後ろに回すと痛むなどの症状が現れます。

よく肩こりと間違われますが、肩こりは筋肉の緊張からくるものであり四十肩・五十肩とは明らかに違うものです。

四十肩、五十肩ってどんな病気?

よくある肩こりは血流障害や筋肉の疲労が原因なのに対して、四十肩・五十肩は肩関節の周りで炎症が起きていることが原因です。

しかし、実は四十肩・五十肩になぜなるのか?ということは医学的に解明されていないのです。

ただ言えるのは、生活習慣身体の歪み衰え筋肉の硬直運動不足無理な姿勢を長時間続けていることが原因で起こっている可能性が非常に高いということです。

よくある症状として

  • ある日突然肩が痛くなった
  • 肩より上の物が取れなくなった
  • 背中のファスナーを締めることが出来ない

などが挙げられます。

痛や動きの状態で分かる急性期か慢性期

もしも四十肩・五十肩だったとして、急性期慢性期か見分けるポイントあります。

それは、痛みや動きの状態です。

急性期
  • 肩関節が重苦しいズキッとした痛み
  • 肩回りの感覚異常
  • ズキズキとしたうずくような痛み
  • 夜間痛や安静時痛
慢性期
  • 夜間痛や安静時痛が軽くなる
  • 過度に動かしたときに肩や腕にツッパリ感がある
  • 急性期に動かしていなかった筋肉が硬直し肩動かしずらくなる

四十肩・五十肩をほっといたらどうなるのか?

四十肩・五十肩は痛みが強く出るため痛みを出さないように肩を動かさない人が多くいます。

しかし、肩を全く動かさないというのはとても危険です。

動かさない筋肉はどんどん硬直していき、やがて関節の動きにまで制限がかかってきます。

四十肩・五十肩はほっておいても痛みはなくなると言われていますが、痛みがなくなった後のことを考えるとほっとくことは後遺症につながるのでやめましょう。

四十肩・五十肩の治療法とは?

急性期、慢性期、回復期によって四十肩・五十肩の治療法は変わってきます。

基本的には、

  • 運動療法
  • 温熱療法・寒冷療法
  • 電気治療

などがあります。

これらの治療法を痛みの程度や動きの具合を確認しながら行っていく必要があります。

誤った治療をすると悪化する場合もありますので注意が必要です。

四十肩・五十肩が楽になる眠り方

急性期の四十肩・五十肩は夜間の痛みが強く出ます。

「楽に眠れるにはどうしたらいいですか?」という質問も幾度となく受けてきました。

四十肩・五十肩で楽に眠るために重要なのは枕の高さです。

一番オススメな寝方は仰向けで頭の高さと背中の高さをほぼ同じにする寝方です。

頭の下には枕を置いて背中の下には大きなタオルを敷きます。イメージとしては頭の高さが背中よりも少し上になるようにします。

こうすることにより肩関節が無理な角度にならないため楽に眠ることが出来るようになります。

まずは、鹿大前整骨院にご相談を!

鹿児島市鴨池にある鹿大前整骨院では、施術に入る前に症状の確認と検査を行っています。

保険適応内の症状か保険適応外の症状かを説明し患者様のご理解のもと施術をさせていただいております。

鹿大前整骨院で専門外もしくは緊急性のある症状だと判断した場合はどういった医療機関に行けばいいのかを丁寧にご説明させていただいております。

他の記事はこちらから!